素直に、Gadgetレビューしてみた!

ここでは主にガジェットのレビューを扱っていきます。
スマホ、PC関連の製品レビューも随時行っていく予定です。
記事投稿時に呟きますのでよろしければtwitterのフォローをお願い致します。
@sunao_viewer

DSC01899

■入出力ともに爆速の充電性能

 ここ2,3日で立て続けに記事を投稿しております。どうもBobです。
新しいスマホを買うとどうしてもガジェッターとしての血が騒いでしまうのです。
 今回は充電環境を整えよう!シリーズ(?)第二弾。
Anker PowerCore+ 10050 入出力QC3.0 のレビューです。


 最近のモバイルバッテリーは安くて大容量のものが揃っていますね。
その中でもかなり珍しい機能を持つ機種なのです。
 具体的に言いますとモバイル自体の充電も、スマホへの充電もQC3.0(急速充電の規格)に対応している機種です。スマホへの充電でQCに対応している機種は他社も含めると意外と多くあります。しかし入力が急速充電に対応している機種は数えるほどしかまだ市場に出回っていません。
 10050mAhもの大容量のモバイルバッテリーを充電するとなると5V 2.0Aレベルで、大体7~8時間程かかってしまいます。一晩おいていても充電しきれない可能性が出てくるのです。
 やはりバッテリー製品はできるだけ目の届く所で充電して置きたい所。知らぬ間に火災でも起きようものなら家が焼け焦げてしまいます。
 その点、こちらの機種はQC3.0で充電すると約半分の3.5時間程で充電完了するのです。
ちなみにモバブ選びのコツとしては、
 ・なるべく有名どころのメーカーを選ぶ。
 ・Amazonレビューの内容をしっかり見る。
 ・自分に使用用途にぴったりな容量を選ぶ。
以上3点が上げられます。
 今回の私のコンセプトは持ち歩き用途で、複数機種を充電できる容量を持つことでした。
まさに私の用途にマッチした製品でした。
DSC01893


■高い質感と基本に忠実な性能

DSC01904_1DSC01902

 外装はアルミ製で剛性が高いので安心感があります。そして片手で握りしめられる程コンパクトに仕上げられています。ポケットに突っ込んで楽々に持ち運ぶことができます。
 また安全回路もしっかり組み込まれており、サージプロテクターやショート防止機能、温度管理など万全の体制です。そして残量も10個LEDで段階的にわかるので便利です。私は機器に満充電したくない派なので残量確認機能がついているととても助かります。
 2,550mAhのGALAXY S6を2.5回ほど充電できるらしいので、2800mAhのVAIO PHONE Aだと大体2回ぐらい充電できそうですね。
 もちろんQC3.0だけでなくAnker独自技術PowerIQとVoltageBoostを搭載しているので、対応していなくても高速で充電してくれます。


■まとめ

 いかがでしたでしょうか。モバイルバッテリーのようなインフラ系のガジェットは中々他社製品と差別化するのが難しくなるんですよね。結局はコストと容量と充電性能になるので。 
 こちらの製品はその中でも上手く差別化された良い製品だと思います。
気になる点としては236gという重量は意外と重たいという所と、スマホへの充電端子が一つしかない所ですかね。まあ、製品をコンパクトにした結果なのでしょうがない部分だと思います。
 私は複数の端末を同時に充電するつもりはなかったので、大変満足のいく買い物でした。
安くて安心というとこちらのAnker製や、cheero製、Aukey製といったあたりになると思います。
 日本製のバッテリーはどうも出力系統の仕様が弱くて若干高めなので、最近の高性能化したスマホのバッテリー事情に対応しきれていないんですよね。中身のバッテリーは高耐久で安全性が高そうなのですが、所詮は消耗品なので海外の安くて性能が高い製品をどうしても選んでしまいます。
 兎にも角にもコンパクトで利便性もよくプレミアム感満載なバッテリーに仕上がっていますので、皆さんもぜひこちらの製品を手にして素敵なガジェットライフを楽しんでください。
 こちらの記事が参考になれば幸いです。
ついでに私が迷った製品を如何に示します。

<Anker>




・こちらの機種はQCに対応してないオーソドックスなタイプです。その代わり激安です。
新色の白色は若干高めですね。コスパで選ぶなら黒だと思います。




・こちらは出力のみQC3.0に対応した製品です。なので本体の充電は時間がかかります。
しかし安いのでこちらもおすすめです。上の製品同様に白が若干高め。でもオシャレ。



・大手Youtuberさんがこぞって宣伝しているバッテリーです。コンセントに直挿しできるので、モバイルバッテリー兼ACアダプターとして使えて便利!とのことです。しかし私にとってはサイズ大きい割に少ない容量だし、お値段が高すぎると感じたので今回は見送りました。それに内蔵バッテリー充電とUSB充電が同時に行えなず、劣化して同製品を買い替える際にACアダプター分をプラスして払うのかと考えると一気に冷めてしまいました。やはりACアダプターとバッテリーは別々で購入した方が合理的です。用途が合致すればこれほど都合の良い製品はないとおもいますが。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC01892

■使用中にやたら熱くなる

 久しぶりに可愛くてしょうがないスマホを手に入れてホクホク顔のBobでございます。
いやーやっぱり良いですね。
ガラスマのようにゴテゴテせず、必要最小限の機能。
通信するためだけに生まれてきたといわんばかりの清々しい端末設計とクールなデザイン。
 このスマホと財布さえあれば人生何とかなるんです。ええ。
ただそんな愛すべきVAIO PHONE Aにも一つ難点がありました。
使用中に本体があっちっちになるんです。
本当に低温火傷するんじゃないかって程熱くなるんです。
最初は金属筐体がヒートシンクに代わりになってるんだと言い聞かせていたのですが、熱さ以上にどうにもバッテリー消費の速さに我慢できずに解決方法を調べまわっていました。

そして発見しましたよ。熱さとバッテリー消費を抑える設定方法が。
熱源はカメラ周辺。つまりCPUか電波送受信モジュール絡みだと予想していましたが、実際にそれ絡みの設定をいじくってみると見事に解決しました。

■WifiとBluetoothの位置情報スキャンをOffにすべし

 位置情報といえばGPSを思い浮かべる方が多いと思いますが、測位速度を上げるためにWifiとBluetoothを使用して、例えばビルの何階にいるかといったGPSでは測位できないような場所も特定することができます。
 それらの機能を常時働かないように設定してあげると異常なバッテリー消費と発熱が消えました。

<WifiとBluetoothの常時スキャンをOffにする方法>
「設定」を開く→スクロールして「位置情報」を開く。
Screenshot_20170820-204315Screenshot_20170820-204342

「位置情報」の右上に縦に並んでいる三つの点のボタンを押して、「スキャン」を押す。

Screenshot_20170820-204350Screenshot_20170820-204357

「Wi-Fiのスキャン」と「Bluetoothのスキャン」をOffにします。
Screenshot_20170820-204401

<番外編>
ちなみに私はVoLTEを利用していませんのでそちらの設定もOffにしています。参考までに。
「もっと見る」を押す。→「モバイルネットワーク」を押す。
Screenshot_20170820-204315Screenshot_20170820-204322

「4G LTE拡張モード」の設定をOffにする。

Screenshot_20170820-204328

■まとめ

 VAIO PHONE Aのみならず、スマホの異常発熱とバッテリー消費に困っている方は一度こちらの設定を試してみた下さい。劇的に変わるかもしれませんよ。
 私の場合はCPU温度が70℃ぐらいあったのが、安定して37℃付近をうろつくようになりました。
 またバッテリー温度も使用中は45℃を超えることもあったのですが、37℃付近で安定しています。
 ちなみに「Bluetoothのスキャン」まではOffにしなくてもいいかもしれません。
 というのもVAIO PHONE Aはほぼ最新のBluetooth4.2に対応していてエネルギー消費もそこまでない可能性があります。
 また最近「TAGCAST」といったIoT(全てのものがネットワークに繋がる思想)技術とビッグデータ(大量の細かで無作為な情報群)解析の活用基盤になるようなインフラが徐々に実現していっている最中で、スマホのWAN側高速無線通信とBluetoothのLAN側ローエネルギー通信がこれからの便利で面白いサービスの要になることが見込まれています。
 どうも私の場合の発熱とバッテリー消費はGoogleのサービスが原因のようで、Google nowやAIのGoogleアシスタントなどを普及させようとしている流れを考えると、これらの設定を変に触ると今後の技術革新の妨げになるように思えて仕方がないです。(といいつつ私はOffにしていますが・・・)
 ポケモンGO等も一部これらの機能を使っているみたいなので、とりあえずOnOffしてもらって自分なりの設定を見つけて頂けたらいいのかなと勝手に思っています。
以上、VAIO PHONE Aの異常発熱とバッテリー消費を直すレビューでした。
お困りの方の参考になれば幸いです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC01887

■ハイパワーで頼りになるやつ

 先日、3年強ぶりにスマホをVAIO PHONE Aに代えたので、ついでに充電環境を整えました。
SO-01Bを未だに起動させたりする回顧主義者。どうもBobです。


 こちらのAnker製ハイパワー充電器を購入してモバイル運用環境が劇的に快適になりました。
 ガジェッターの方々にはご理解いただけると思うのですが、端末が増えるごとに専用充電器が増えていくんですよね。
 私の家にも至る所に充電器が刺されており、機器毎の純正アダプターでせっせと充電しておりました。
 こちらの商品のお陰で一か所で充電することができるようになりました。
 なんといってもたった一つのコンセントで複数の機器に最適な充電を行うことができるので重宝します。
 しかも最大出力63Wのハイパワー充電器。全ポート同時使用でも最大5V 2.4Aを流せる頼りになるやつです。

■QC3.0対応ポートが二つもついてる。

DSC01888

 なんと現在製品化されている最新規格であるQuick Charge 3.0(以下QC)に対応したポートが二つもついています。QCはUSB規格である5Vよりも大きい電圧を使ってより効率的に早く充電しようとする規格です。詳しい説明は省きますが、高い電圧をかけると伝送線路での損失を少なくできるという物理法則を活用した合理的な規格なのです。実際に発電所から私たちの家のコンセントの間では大体50万Vから100V(正確にいうと200V)までに降圧させることで、輸送線路での損失を5%~10%までに抑えています。そう考えると発電所から何百キロも離れているのに素晴らしい効率だと感じますね。
 話しが脱線しましたが・・・もしお使いのスマホがQCに対応しているならば、これを使わない手はありません。大体100%充電するまでの時間が普通の1/2になるそうです。また10~80%付近の充電はさらに早くなるようです。
 より早く効率的に充電したかったのでこちらのケーブルを購入しました。

DSC01889

 

■Anker独自規格のPowerIQとVoltageBoost

 またもしQCに対応していなくても独自規格の急速充電システムを搭載しています。
接続された機器に最適な電流値で充電して、充電ケーブルの電圧の降圧分をキャンセルさせるように若干出力電圧を上げる機能なのですが、これ一つで純正充電器とケーブルのセット並みに充電してくれます。
 今までサードパーティ製で思った速度で充電してくないのであえて純正の充電器を使っていたのですが、この機能のお陰でその煩わしさから解放されました。

■まとめ

 Fire HD8 、VAIO PHONE A、Nexus5などを同時に充電しても出力を落とすことなく充電してくれていて本当に助かっています。
 また本体もほんのり温かい程度で全然発熱しません。
 常に持ち歩くには大きすぎますが、旅行などでは絶対に持っていきたいアイテムになりました。
 ぜひ皆さんもこの快適さを味わってみてください。世界が変わると思います。
 今回の記事が皆さんの役に立てれば幸いです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ