DSC04023

■想像以上の迫力・高音質

   最近、私がBDにドはまりしている理由が実はこれにあります。
そう、ついに導入してしまいました。ホームシアターシステムです。 
 サブウーファーなるものを初めて聞いた(感じた?)のですが・・・もの凄い重低音ですね。
 重低音で床が響くのかと。私の家はど田舎にあり、大音量できけるため毎日感動体験をしています。
 スピーカーはトールボーイタイプというものでキットタイプのホームシアターセットでは、
音質に拘っているタイプという位置づけです。
 前方のトールボーイスピーカーにはツイータが入っており、実際に高音に伸びを感じます。
さらにセンタースピーカーは銅キャップを採用しており、高音質なフルレンジスピーカーになっています。
映画の音声とかは主にここから出力されますが、映画のセリフが聞きやすくなりました。
 家の中が汚いので全体像は見せられませんが、写真の両脇にある同型のスピーカーがあと二つ
後ろにあります。
 インテリアとしてもデザインは満足しており、少なくとも洋室ならば絶対にマッチすると思います。

■必要十分な機能

  最新のフォーマットに対応しています。(ドルビーTrueHDやDTS-HDフォーマット)
いわゆるロスレスと言われるものですね。 
 ただ残念ながらAtmosとハイレゾ系には対応していません。
対応していないといってもハイレゾの高解像度さや多少の高音部分の恩恵は感じられるかもしれませんが。
「フェイズコントロール」効果イメージ
Pioneer独自のフェイズコントロールという機能で位相ずれを解消しているみたいですね。
位相ずれ自体を自覚したことがないため効果のほどは?です。
ただ音質は良いなという印象ですね。

バーチャル3Dサウンド
「バーチャル3Dサラウンド」という独自機能があり11.1ch相当に拡張できるとのことです。
確かに広がっている感じがしますが、おまけ程度と考えておいた方が良いと思います。


■まとめ

  いかがでしょうか。Pioneer HTP-S767のレビューでした。
店頭で他のホームシアターセットを聞いてみましたが、小さなスピーカーのキットより良い音だと思います。
スピーカー別売りタイプのAVアンプと比べると最大5.1chだったり、アンプ部の特別設計アピールがなかったりと見劣りする部分はあります。
 しかしホームシアターセットとしてみた時は価格と音質のバランスが非常に高いキットだと思います。
ソニーさんは後方スピーカーを無線化していますが環境によっては途切れたりするみたいで、
まだまだ有線のアドバンテージはあるなと思います。
 私はこちらの商品を導入して映像作品を見る頻度が増えました。5.1chの威力は凄まじく、
まるでその場にいるかのような感覚になります。
 実際、何度も見返したロードオブザリングやホビット(正直だれていました)を、
また見返しまくってしまうほどにホームシアターの有難味を感じています。
 究極の音質を求めるならばAVアンプに高級スピーカーをおすすめしますが、
5.1chで出来るだけ高音質な製品をお探しならこちらのHTP-S767をおすすめします。
 レビューは以上になりますが、このレビューがご購入の際の参考になれば幸いです。
以下に私が購入前に迷った製品を載せてみます。ご参考までに。


V50とはS767と最後まで悩みました。
高音質回路設計に加えて、ハイレゾに対応した2.1chホームシアターセットです。
別途スピーカーを購入すれば5.1chに対応可能です。
しかし 2.1chの状態でもS767のよりも高く、5.1chに対応させるためにあと3つスピーカーが必要です。
そのため、お値段どうしも張るため却下しました。 
ただ音質は良いので、ちょっと後悔してたりします。 


Pioneer 5.1ch サラウンドシステム HTP-S363
パイオニア
2014-08-31


S363はS767のスピーカーを小さくしただけですね。音質の評判もまずまずのようです。
 

Pioneer 5.1ch サラウンドシステム Bluetooth対応 HTP-SB760
パイオニア
2014-08-31

こちらはフロントバーにスピーカ3つ、両脇に2つ設置するタイプです。
より臨場感がほしい時は、両脇スピーカーを後ろに置くような変形タイプです。
省スペースなタイプをお求めならこちらも良い思います。 







RT5は音質に非常に高い評価が付いている商品です。
値段もそれなりに張ります。
予算に目途が立つならばこちらの製品は一押しです。


スピーカーの質に不安が残りますね。






こちらも高級なタイプです。
予算に目途が立つならばおすすめです。