DSC01892

■使用中にやたら熱くなる

 久しぶりに可愛くてしょうがないスマホを手に入れてホクホク顔のBobでございます。
いやーやっぱり良いですね。
ガラスマのようにゴテゴテせず、必要最小限の機能。
通信するためだけに生まれてきたといわんばかりの清々しい端末設計とクールなデザイン。
 このスマホと財布さえあれば人生何とかなるんです。ええ。
ただそんな愛すべきVAIO PHONE Aにも一つ難点がありました。
使用中に本体があっちっちになるんです。
本当に低温火傷するんじゃないかって程熱くなるんです。
最初は金属筐体がヒートシンクに代わりになってるんだと言い聞かせていたのですが、熱さ以上にどうにもバッテリー消費の速さに我慢できずに解決方法を調べまわっていました。

そして発見しましたよ。熱さとバッテリー消費を抑える設定方法が。
熱源はカメラ周辺。つまりCPUか電波送受信モジュール絡みだと予想していましたが、実際にそれ絡みの設定をいじくってみると見事に解決しました。

■WifiとBluetoothの位置情報スキャンをOffにすべし

 位置情報といえばGPSを思い浮かべる方が多いと思いますが、測位速度を上げるためにWifiとBluetoothを使用して、例えばビルの何階にいるかといったGPSでは測位できないような場所も特定することができます。
 それらの機能を常時働かないように設定してあげると異常なバッテリー消費と発熱が消えました。

<WifiとBluetoothの常時スキャンをOffにする方法>
「設定」を開く→スクロールして「位置情報」を開く。
Screenshot_20170820-204315Screenshot_20170820-204342

「位置情報」の右上に縦に並んでいる三つの点のボタンを押して、「スキャン」を押す。

Screenshot_20170820-204350Screenshot_20170820-204357

「Wi-Fiのスキャン」と「Bluetoothのスキャン」をOffにします。
Screenshot_20170820-204401

<番外編>
ちなみに私はVoLTEを利用していませんのでそちらの設定もOffにしています。参考までに。
「もっと見る」を押す。→「モバイルネットワーク」を押す。
Screenshot_20170820-204315Screenshot_20170820-204322

「4G LTE拡張モード」の設定をOffにする。

Screenshot_20170820-204328

■まとめ

 VAIO PHONE Aのみならず、スマホの異常発熱とバッテリー消費に困っている方は一度こちらの設定を試してみた下さい。劇的に変わるかもしれませんよ。
 私の場合はCPU温度が70℃ぐらいあったのが、安定して37℃付近をうろつくようになりました。
 またバッテリー温度も使用中は45℃を超えることもあったのですが、37℃付近で安定しています。
 ちなみに「Bluetoothのスキャン」まではOffにしなくてもいいかもしれません。
 というのもVAIO PHONE Aはほぼ最新のBluetooth4.2に対応していてエネルギー消費もそこまでない可能性があります。
 また最近「TAGCAST」といったIoT(全てのものがネットワークに繋がる思想)技術とビッグデータ(大量の細かで無作為な情報群)解析の活用基盤になるようなインフラが徐々に実現していっている最中で、スマホのWAN側高速無線通信とBluetoothのLAN側ローエネルギー通信がこれからの便利で面白いサービスの要になることが見込まれています。
 どうも私の場合の発熱とバッテリー消費はGoogleのサービスが原因のようで、Google nowやAIのGoogleアシスタントなどを普及させようとしている流れを考えると、これらの設定を変に触ると今後の技術革新の妨げになるように思えて仕方がないです。(といいつつ私はOffにしていますが・・・)
 ポケモンGO等も一部これらの機能を使っているみたいなので、とりあえずOnOffしてもらって自分なりの設定を見つけて頂けたらいいのかなと勝手に思っています。
以上、VAIO PHONE Aの異常発熱とバッテリー消費を直すレビューでした。
お困りの方の参考になれば幸いです。