素直に、Gadgetレビューしてみた!

ここでは主にガジェットのレビューを扱っていきます。
スマホ、PC関連の製品レビューも随時行っていく予定です。
記事投稿時に呟きますのでよろしければtwitterのフォローをお願い致します。
@sunao_viewer

カテゴリ: レビュー

48605678-6EC0-4FD2-B289-99269029B630

■スタンダードな加湿空気清浄機 

 皆さん、こんにちは。
4月から子供が保育園に通い始めてから、
謎の細菌にやられまくっているBobです。

この暖かい時期からこの調子では冬が来たらどうなるのか・・・
命の危険(切実)を感じて購入しました。

シャープの空気清浄機、KI-JS70です。


私が購入したカラーはホワイトですがブラックもあります。



性能的にはミドル級ですが最先端の技術をふんだんに盛り込んだ製品になっています。

結論から言いますと空気清浄機をもっと早く設置すればよかった!と逆に後悔しています。
空気がきれいになっていくのを如実に感じています。

■今回の目玉はAIクラウドサービス対応! 

 07EFC740-87B1-4B05-AB8F-66BDB1A950C8

    近年AI元年と言われて久しいですが、この製品もその波に乗っています。
サービス名は「COCORO AIR」。

    お住いの地域の大気情報をクラウドサーバーから取得し、
各家庭の空気の状態をセンシングします。
    さらには目覚め、外出などの生活パターンも含めてAIで分析して、
最適な運転へと導くサービスです。しかも無料です。




    スマートフォンのアプリと連携すると外出先から機器を操作できたり、
空気の状態を可視化できます。






    さらには空気の状況を見るだけでなく、スマートフォンの位置情報を駆使して、
外出中に全力運転して部屋の空気を徹底的にきれいすることもできます。
     使ってみるとわかるのですが全力運転すると意外とうるさいんですよね。
光センサーや人間センサーで人の在室・不在を感知したりして複雑な運転切り替えができるみたいです。







■プラズマクラスター25000に対応! 

 0C575E7C-23F9-472B-AADD-B04FD27B7029

    シャープといえばプラズマクラスター。
25000はシャープの製品では中間の値です。
具体的な効果は下記の表の通りです。
 

違いは付着した細菌の除菌にあります。
私はウイルスとカビ菌が抑制できれば良いので十分です。
浮遊している細菌には作用するようですし。

ただどこまで信憑性があるのかはわかりませんが、
最上位のプラズマクラスターNEXTでは下記のような効果を謳っています。



ストレスが溜まりにくい環境って素晴らしいですね。
どうも作用原理までははっきりと記述されていませんが、
根拠は「自然環境と同じようなイオン濃度を作りあげる」という点にあるようです。
クラウドAIサービスとイオン濃度は365日24時間の快適運転でとても相性が良いということがわかります。





■もちろん加湿機能もあります! 

 AE44AEC6-18FD-4FDF-B46E-3D8E0BE6B041


    冬はインフルエンザが流行る季節ですね。
インフルエンザウイルスは湿気に弱いウイルスです。
子供が保育園で持ち帰ったウイルスを弱体化してくれことを期待しています。
   お肌もガサガサになって痛みますしエアコンをつける方は必須機能です。
またクラスターイオンもお肌の保湿に効果があるとあります。
   作用原理は空気中の水分がプラズマクラスターに吸着しお肌の表面を水分のベールで覆うとのことです。
E2EE4F69-6344-4627-80EA-2E8D91986D78




■まとめ 

 55A40030-A2F0-4433-AFC8-CCCF5862C0A1

     いかがでしたでしょうか。
今回はレビュー では空気清浄機という性質上、あまりはっきりとしたレビューができませんでした。
ただあくまで個人的な感想を述べさせてもらうと、空気清浄機を使用すると空気がきれいになったような感じがします。
    その要因はやはりプラズマクラスターの消臭効果にあるのではないでしょうか。
まず変なにおいがしなくなったことがわかります。
    私の賃貸マンションはLDKなので料理後の匂いや水回りの匂いがやはり漂っていました。
しかし空気清浄機をつけているとその匂いがかなり薄まっていると感じます。 
    匂い1つで集中力の持続感が格段に上がりますね。
    また夏を超えて冬がくれば風邪がかかりやすくなる季節がやってきます。
    きっとその時には空気清浄機の真価がはっきされるでしょう。
ぜひ快適な環境構築と健康の増進を期待して空気清浄機を設置してみませんか。
    今回の記事が誰かの参考になれば幸いです。

下記に購入する際に迷った製品を記述します。

    直接ウイルスや菌を分解するのはダイキンのストリーマだけだと言われます。
実際にどれほどの効果の差があるのかはわかりませんが。
    エアコンと連動してサーキュレーターのように空気の循環も担う機能が魅力的でした。
私がシャープを選んだ理由はクラウドAIサービスとデザインです。
    本気でAIによるコンサルティングサービスを提案しているのはシャープだと感じました。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

FullSizeRender


■やはり純正!最高の組み合わせ! 

 皆さん、こんにちは。
だんだん暑くなってきてましたね。
こんな時は近くのスタバで涼みながら、MacやiPadでネットサーフィンといきたいものです。
Macなんて購入するのは貧乏人にとって夢のまた夢ですけど(笑)

さて今回、ご紹介する製品はapple純正のモバイルキーボードのSmartKeyboardです。

はっきり結論から申し上げますと、Smart Connectorが付いているiPadのキーボードはこれ一択です。
それぐらい使い勝手と利便性がずば抜けています。




■薄さと軽量さが唯一無二! 

 iPadとPCの違いはなんでしょうか。
それはモバイル性をさらに向上させているところでしょう。
 なのでそのモバイル性をできるだけ損なわないということが、
オプション品の選定の基本方針となります。
 そういった意味では唯一無二の製品ですね。
FullSizeRender
ここまで極薄に収まるキーボードは存在しません。
IMG_0049
IMG_0048



■無線でも有線でもない信頼性の高さ 

IMG_0043
IMG_0044
Smart Connectorという独自規格のコネクターで接続します。
なので煩わしいケーブルもない、無線の設定も不安定さとも無縁です。



■作り込まれた製品デザイン!デザインには意味がある! 

 極薄・軽量であればBluetoothキーボードでも魅力的な製品があります。
この製品の良さは随所に盛り込まれた使用者への配慮なのです。
IMG_0039
これは開いた直後の画像です。
サードパーティー製は開くとすぐにキーボードが露出しているため、
画面とキーボードの接触の不安が常に付きまといます。
もちろん画面に傷がつかないないように配慮はされていると思いますが、
圧力がかかるとどうなるかまではわかりません。
IMG_0038
これが伸びて、
IMG_0046

畳まれてスタンドになります。


■まとめ 

 いかがでしょうか。打鍵感も悪くなく、とても入力しやすい印象です。
キーの位置が工夫されているので、キーピッチが狭いということもありません。
十分スマートなカバーにもなるキーボードがほしければ、この製品一択でしょう。

 ぜひ皆さんもiPadを生産的な利用方法に使ってみませんか。

今回のレビューが誰かの参考になれば幸いです。




こちらの商品はSmart Connector 対応で最安のキーボードです。
非常に作りが良く、Surface的に使えるようになりますが非常に重いです。
ただノートPC的に使用を主にされる方にはおすすめできるよ思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC06862

■iPad シリーズの中堅モデル 

 皆さん、こんにちは。
毎朝、保育園に息子を送っています。Bobです。
子供の笑顔のためなら、何でも頑張れますね。
さらに読者の皆さんの笑顔のためにiPad レビューをしていきます。(笑)

現在のiPadシリーズのラインナップはかつてない程に多くなっています。
「iPadを買いたい!・・・けど、どのiPadがいいんだろ」が皆さんの本音だと思います。
その中で私がオススメしたいのは、iPad Airですよ!というのが今回のレビューの肝です。

なのですがここで落ちついて、現在のiPadのラインナップを整理してみましょう。

●最高性能のiPad Pro!


 これらは現在のiPadの性能の頂点を極めた製品です。
画面リフレッシュレートは120Hz、高速なCPU(A12X)、顔認証、第二世代Pencil対応。
つまりプロのクリエーター向けのタブレットがこのiPad Proです。
その性能に見合う高額な料金設定で一般人は中々手をだせないのが現状です。


●iPad Airはナイスミドルなセミプロ機!


iPad Proから、狭額ベゼル、リフレッシュレート120Hz、最高性能のCPUを
削ぎ落したのがこのiPad Airです。
加えていうならスピーカーが4個→2個、第二世代Pencil非対応は残念ポイントですね。
ただこれらを我慢するならほぼ最新テクノロジーのiPad体験が格安でできます。
最低容量のProとAirの定価を比べると半分以上の差が出てしまいます。




●高コスパのエントリー無印iPad!

iPad Airからさらに、フルラミネーションディスプレイと狭額ベゼルをそぎ落としたモデル。
CPUは前々世代のA10が乗っかっています。
また画面サイズはiPad Airの10.5インチに対して9.7インチと小さめ。
私はどちらかというと9.7インチサイズが好きなのでこちらも魅力的に見えました。
巷のレビューでは前々世代のA10は今でも問題ない処理性能で、
最新のゲームを最高性能でプレイなどしない限り、特に使用に耐えないことはないと聞きます。
ただフルラミネーションではないという点はApple Pencilの使い心地で有意な差があります。
もちろん価格は後述のiPad miniを差し置いて最安値となります。

●手頃なサイズ感のiPad mini


8インチという手帳感覚で使えるサイズ感が魅力のiPad miniです。
そして性能は実はiPad Air とほぼ同等なのです。
Amazon や価格.comなどでも日本では上位に食い込むモデルですね。

ただ一見、高バランスなサイズ感に見えますが、帯に短し襷に長し・・・・
タブレットとしてフル活用するには小さぎるし、
スマートフォンの代替として使用するには大きすぎます。
なので実は用途が限定されてきます。
何でもこなそうとすると細かい不満が噴出する、そんなサイズ感です。

以上、シリーズを比較するとサイズで大きく分類できることがわかります。
なのでまずはサイズから絞り込んでいくと自分にベストのiPadが見えてきます。


■サイズ選びに悩んだら、用途を絞り込む!私がAirを選んだ理由。

これでシリーズの整理はできました。
次はiPadに求める用途を絞り込んでいきます。
ちなみに余談ですがサイズ選びに正解はありません。
紙の手帳を見てください。
大昔から活用されてきた手帳ですら様々なサイズが用意されています。
理由は簡単です。用途によって求められる性質が違うからです。
調理場のアルバイトさんがA4のメモ帳でメモを取ることはないでしょうし、
内勤事務職のスケジュール帳が手のひらサイズであるはずがないです。

ちなみに私のiPadに求めたことは次の3つです。
・Apple Pencilで快適にメモが取れる事
・ノートアプリとカレンダーをSplit Viewで快適に見られる事
・iOSでバージョンが上がっても快適に使用することができる事




つまり入力のしやすさ、視認性の良さ、将来性の高さの3つです。
高い買い物ですし、できるだけ長く使いたいですしね。

そう考えるとminiはまず除外されます。
なぜならSplit Viewで情報を扱うには小さすぎるからです。
それにノートを閲覧・入力する上でも不利です。
画面を拡大縮小するためにペンをいちいち持ち変えるのは手間です。

ではProとAirと無印の比較はどうでしょうか。

サイズ的には11インチ、10.5インチ、9.7インチの違いですが、
数値以上に差を感じます。
この中では前述の通りに私は9.7インチがベストだと感じます。
やはりジョブズさんは偉大ですね。
9.7インチはジョブズさんがGOサインを出したサイズです。

ProとAirは本体サイズがほぼ一緒です。
Proはホームボタン(◯ボタン)を廃止した分、画面を目一杯広げているからです。

求めるサイズ感は決まりました。

最後は性能と価格の比較です。



■性能と価格差を見て総合的に決める!


Proで私が魅力だと感じたのはリフレッシュレート120Hzなところですね。
ノートの速書きに対応できる点は良いです。
ただ実際に店頭で触った感じだとAirや無印でも問題ないと私は判断しました。
Apple Pencilの第2世代に対応していることもポイントが高かったのですが、
いかんせん本体価格10万越えと第1世代Pencilの1.5倍はちょっと厳しいです。

無印に関してサイズと実際の使い心地は問題ありませんでした。
フルラミネーションディスプレイではありませんが、
思っていたほど違和感を感じません。
やはり難点はCPUがA10なところでしょう。
2世代前というのは今後のテクノロジーの進化に追随できるか不安です。
機械学習用プロセッサが搭載されていないので。

そういう意味でiPad Airは非常にバランスが良い機体と言えるでしょう。



■まとめ

いかがでしょうか。
iPadシリーズはどれをとっても素晴らしいタブレットに仕上がっています。
ただ全てのシチュエーションにマッチするタブレットはあり得ません。
せっかく買っても使わなくなるともったいないです。
タブレット選びは慎重にした方が良いです。

少しでも皆さんの参考になれば良いなと思い、
今回のレビューを書かせて頂いた次第です。
ぜひ皆さんもiPadで便利でワクワクする毎日に変えてみませんか?




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC03757

■共働き世代には時短と自動化が重要! 

 皆さん、こんにちは。
お久しぶりのBobです。
 今回は自分の実体験からおすすめの電化商品を紹介いたします。
 前回記事からライフスタイルに大きな変化がありました。
結婚、子供の誕生、引っ越し。
故郷から出たことがない、独身時代からするとまるで別世界です。
 特に痛感したことは「自分の時間」の減少具合ですね。
子供が増えると正直戸惑うほど激減しました。
 それでも何とか生活できているのはこれから紹介する家電を揃えたからです。
選定の基準は自動化できる事と時短できる事です。
 
 これらの観点で私が揃えた製品は以下の4つです。
 1.ルンバ
 2.食洗乾燥機
 3.ドラム型洗濯機
 4.ヘルシオ


■ロボット掃除機で床の掃除を自動化 

 毎日の掃除を自動化してくれるのはこいつ以外ありえません。
ロボット掃除機です。
今では様々な家電メーカーから発売されていますが、
私が購入したのはルンバの960シリーズです。
 

 2019年3月現在では最新シリーズのi7やeシリーズがありますが、




 ダスト自動回収システム以外はそこまで大きな違いはなさそうです。
今から買うならこちらの方が良さそうですね。
本体ダストボックスを水洗いできるそうですし。
 
 本題に戻ります。これらロボット掃除機の良さは2つあります。
まず毎日細かく掃除してくれて、高さが低い所も掃除しくれることです。
 普通の掃除機を毎日かけるのは共働き世代には難しいでしょう。
掃除は「やりだめ」することに意味のない行為です。
 その掃除を毎日してくれると非常に助かります。
またベッドの下も掃除してくるので腰を痛める必要もありません。。
 私の家は段差が少ないので960一台で賄っていますが、
段差がある家ならば安い機種を複数台設置するのも一つの手でしょう。
 



■食洗乾燥機で省エネ、綺麗! 

 食洗乾燥機も導入すると世界が変わります。
うちは賃貸なので外付けの食洗乾燥機を使用しています。

 私が購入したのは旧機種なので今ならこちらの機種です。
食洗乾燥機というと電気代が高そうなイメージですがそんなことありません。
 実は手洗いより使用する水が格段に減るのです。
電気代と水道代が相殺されます。
 また、手洗いでは不可能な高温で水洗いするので汚れが良く落ちます。
 ガラスコップなどならくすみがとれてピッカピカになります。
うちの嫁さんはアカギレがひどいのですが、
これを使い始めたらマシになったそうです。


■ドラム型洗濯機で節水、お手軽乾燥! 

 ドラム型洗濯機は縦型よりも水の使用量が格段に減ります。
本体が高くなる傾向ですが水道代が浮くので長い目でみると良い買い物です。
 さらに見逃せないの乾燥機能が高性能な所です。
ドラム型洗濯機は乾燥中に上手くほぐしながら乾燥できるので、
洗濯~乾燥までスイッチ一つで完結します。
 干す手間は意外と大きいです。
日が落ちて室内に戻すことも考えると乾燥機能の時短性能は見逃せません。
 


私の洗濯機はパナソニックの旧式洗濯機ですが今買うならこちらの製品がいいなと思います。
容量も十分ですし乾燥機はヒートポンプで省エネです。
マイクロ高圧洗浄は汚れ落ちの評判が良いためおすすめします。



■健康的に時短するならヘルシオ!

 最後に料理を時短するなら蒸気加熱オーブンレンジがおすすめです。
私が使用しているのはシャープのヘルシオです。

 ヘルシオの蒸気加熱オーブンレンジは食材の栄養素をできるだけ壊さず、
ジューシーに柔らかく、美味しく調理することができます。
 それにガスコンロのグリルと同じ感じに「焼く」ことができます。
また完全に温度をコントロールできるため焼きすぎを防ぎます。
 スープのように「煮る」以外なら何でもできるので重宝しますし、
無駄な油や塩分を落とす効果も期待できるのでヘルシーです。
 火加減は機械任せで放置できるため結果的に時短になります。


 私は上位機種よりも一段下の機種を購入しましたが、
今買うならこちらの製品を購入します。

外観は似ていますがこちらの製品の方が機能が一段上です。
食材を入れる所が2段あるのですが、茹でると焼くを同時にできます。
 私の下位機種ではそれができません。
焼くと茹でるを同時にできると一度の料理の幅が広がります。



■まとめ

 以上、時短家電の紹介でした。
私はこれらの家電のおかげで何とか夫婦二人で育児と仕事を両立させています。
 時短という効果だけでなく、それぞれそれ以外の「価値」が含まれていて、
導入するとQOLが向上すると思います。
 実際私はヘルシオを毎日活用して簡単で健康的で美味しい料理を楽しめています。
ぜひ検討してみてください。
 こちらの記事が誰かの生活の糧になれば幸いです。
以下、機種選びの際に悩んだ製品を記載します。

・ロボット掃除機
 シャープのロボット掃除機はAlexaのようにコミュニケーションを目指しています。



 パナソニックのロボット掃除機は基本性能を重視していますね。
 ただその路線であればルンバのブランドイメージの方が強いでしょうか。



・ドラム型洗濯機
ヒートリサイクルという、電熱ヒーターではなくモーターの排熱を再利用します。

・オーブンレンジ
ヘルシオ以外のオーブンレンジはヒーター併用で、
完全な水蒸気オーブンレンジではありません。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC02561 (1)


■もう手放せない!AIスピーカーの真骨頂! 

 皆さん、明けましておめでとうございます。
先日、転居しまして写真の絵柄が多少変わっています。
さて2017年末にやっと届いたEcho Plusの招待から購入しました。


最後の最後までGoogle Homeと迷っていましたが、まさに絶妙なタイミングの招待です。
 最初はAIに対する興味本位でしたが、使ってみると中々どうして。とても便利です。
 例えば・・・
 ・Alexa、今何時?
 ・Alexa、今日の天気は?
 ・Alexa、明日の天気は?
 ・Alexa、3分後にタイマーを設定して。
 ・Alexa、ワタリドリ流して。

 多少の文脈の揺れも認識してくれます。特にハンズフリーでいつでも起動してくれて、要望に応えてくれる手軽さは使ってみないことにはわからないと思います。
 ただGoogle アシスタントのようなお茶目さは控えめで、あくまでプリセットの命令と各種サードパーティ製のスキルを実行することに徹している感じですね。現状では。

■細長い本体からは想像つかない骨太音質! 

DSC02567

購入したのは敢えての外し色。白色です。黒は埃が目立つような気がしたし、どうしても先進=Apple的な思考回路になってしまいますので。
ところでAmazon Echoにはいくつか種類があります。
お手軽、お安いDot。

ちょっと音質を意識したノーマルバージョン。

そして今回の現在最上位のEcho Plusです。

Bluetoothスピーカーに飛ばして音楽を聴かれるならPlus以下の製品でも問題ないと思います。
しかしBluetoothの信頼性は完璧ではない上に、Plusの内蔵スピーカー音質が良く、全方位に音が広がる不思議なサラウンド感もあるので間違いなくPlusをおすすめします。
Plusは高音は十分でていて、何より重低音が凄いです。
カジュアルなAIスピーカーとしては実にマッチした音質だと思います。

■まとめ

正直、AIスピーカーをなめてました。音声認識の精度も高いですし、何よりながら作業でとっさに情報を聞き出せるのは大変便利です。
料理しながら煮物のタイマー設定、テレビ見ながら明日の天気、やることリストの確認。交通状況はまだ対応していませんが、これが対応したら最高でしょう。
また何時に起こしてというと目覚ましを設定してくれるところなんかも地味に便利です。

ぜひ皆さんもEcho Plusの招待申請をして、人類の新しい未来を垣間見てみませんか。
以上、Amazon Echo Plusの簡易レビューでした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ