素直に、Gadgetレビューしてみた!

ここでは主にガジェットのレビューを扱っていきます。
スマホ、PC関連の製品レビューも随時行っていく予定です。
記事投稿時に呟きますのでよろしければtwitterのフォローをお願い致します。
@sunao_viewer

タグ:Aマウント

DSC01490

■高コスパの望遠レンズ

 DSC01486DSC01487

 性能がよろしい望遠レンズはどうしてもフルサイズ対応レンズになってしまいます。それは工業的な制約なのかマーケティング的な制約なのかはわかりません。昔、APS-C専用の高級な望遠レンズをシグマが作っていましたが、現在は生産中止になっています。
 このレンズはAPS-C専用の望遠レンズで大変リーズナブルな価格帯です。(実売2万ちょい)
しかし安いからといって侮ることなかれ。描写性能は決して低くはありません。 

■高い描写性能

DSC03410
 Aマウントのレンズはボケがきれいで有名です。一般的に最近のレンズは特殊なレンズを使われていることが多いのですが、Aマウントは意識的にそれらを使わないようにしている感じがします。
 レンズ加工技術の発展で「非球面レンズ」や「異常分散ガラス」などを多用したレンズが増えてきています。これらは周辺の減光や流れを抑えたり、色収差(光波長の屈折率の違いによる滲み)を良好に抑えるため、昨今のデジタルセンサーには大きなメリットを与えています。しかしメリットだけではなくデメリットもあります。設計が甘いとリングボケや年輪ボケがキツク出てしまう場合があります。その点、こちらのレンズは撮影してても全く不満はありません。
DSC02096
DSC03413

  私はまだまだアマチュアの域を脱していないため、上手くボケ表現ができただけで脳汁が出てしまいます。(死語ですかね)
 ただ望遠端は描写が甘くなる傾向にあるため、機種に超解像ズームなどがあればそちらで望遠を補った方が良いかもしれません。(スマートズーム等々)
 下の画像は望遠端の300mmです。ボケが二線ボケになってしまっていますね。
DSC03662

■めちゃくちゃ軽い

  こちらのレンズの重量は460gです。よく比較されるレンズのSAL70300GやタムロンA005などは約750gです。たかが300gの差ですが、手荷物の300gは非常に有意な差です。特にレンズは人の体から離れた位置にあり、数値以上に重く感じます。(歩き回るならなおさらです。)


■絶妙な焦点距離

 55mm始まりの焦点距離は非常に扱いやすい領域です。なぜなら55mm付近はポートレートでも十分に使用できる領域だからです。APS-Cの70mm付近は微妙に遠いので、望遠らしい使い方に終始してしまうかもしれません。


■まとめ

 DSC02208

  いかがでしょうか。非常にリーズナブルかつ描写力の高い望遠レンズです。百聞は一見にしかず。この記事の画像なども参考にして購入を検討してみてください。この記事が購入を迷われている方の参考になれば幸いです。
 













    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC01468

■憧れの超広角

 写真撮影に身を投じていますと、どんどんと欲が湧いてくるものです。もっと美しく!もっと印象深く!
必然的に機材への欲求が高まります。その一つの終着点が「超広角の世界」です。
 8-16mmというズームレンズで世界最高の広角域を持つ、シグマのAPS-C専用レンズ。 使いどころは難しいですが、はまれば破壊力抜群です。 この焦点距離において全てのものは強いパースで歪みまくります。ポートレート撮影ではまず使いませんね。物撮りにしても接写すればするほど歪む、この広角の世界です。使いどころは主に風景撮影になるでしょう。
 DSC03859DSC03860

 上の画像は私の愛車のフィットです。広角端(8mm)と望遠端(16mm)ですが、8mmはもう・・・歪みまくりです。

■信じられないほど広く撮れる!

DSC03883
(8mm)
DSC03884
(16mm)
 最近のキットレンズの広角端は大体16mm(換算24mm)だと思いますが、それでも私は広く感じていました。でも上図を比較して貰うとわかる通り、8mm(換算12mm)はさらに上を行く広さです。ちょっとこれは衝撃ですね。

■レンズ性能にはまずまず満足

  これだけ広角だと逆光性能に不安を感じていました。でも見てください。それは杞憂だったようです。
DSC03877
DSC03878

 ゴーストの発生はほとんどありませんし、何よりフレアの影響で大きく白むということはありません。
というのも実はこのレンズ。とんでもない出目金レンズでして・・・
 DSC01480
DSC01481DSC01482
広角端で最も前玉がせり出した状態になります。

 解像度は良いと言い難いですが、許容範囲だと思います。8mmでの隅の流れはありますが、この広角域では良好に補正されていると言っても問題はないと思います。(後日また切り出し画像を張り付けたいと思います。)

■まとめ

DSC01478
 いかかでしょうか。上図は愛機のα77に装着した状態です。レンズ自体は大きくもなく小さくもなくといった所。頻繁に使用するような焦点距離ではありませんが、鞄に忍ばせておくとここぞという場面で威力を発揮してくれると思います。私はNEX-5Rをサブ機として持っているので付けっぱなしでも問題ありませんが。
 レンズ性能も問題ありませんし、ぜひ試しにこの超広角の世界に足を踏み出して下さい。
この記事が購入を迷っている方々の参考になれば幸いです。


 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ