素直に、Gadgetレビューしてみた!

ここでは主にガジェットのレビューを扱っていきます。
スマホ、PC関連の製品レビューも随時行っていく予定です。
記事投稿時に呟きますのでよろしければtwitterのフォローをお願い致します。
@sunao_viewer

タグ:PHONE

DSC01997~2

■ますます愛着が湧いた!

 皆さん、こんにちは。いつもVAIO PHONE Aと共にあるBobです。
限られた資源と予算で最高の製品を創り出す。まさに生物の根源に近づくテーマだと思うのです。進化と退化は表裏一体、必要ないものは淘汰され必要なものはより磨かれていく。そのようなものだと思うのです。無駄なものを省くとなぜか美しさを感じざるを得ないんです。
 こんな事を書くなんて気持ち悪い奴だなと思った、そこのあなた。ご安心ください。その感覚は間違っておりません。どうぞ私を罵ってくださいまし!さあ・・・早く!
 おっと、私は何を口走っているのでしょうか。興奮のあまり我を忘れておりました。



■意外と基本性能が高い

 前回の記事でも書いたのですが、この価格帯では基本性能が高いです。
ネットサーフィンをしていてもサクサクですし、タッチに対する反応もヌルヌルです。
発熱を抑える設定をすれば特筆してバッテリー持ちが悪いとは感じないので問題ないと思います。
意外と驚いたのが内蔵スピーカーの音質です。他の端末と比べても普通にクリアで明瞭に聞こえます。
スピーカーを背面に配置するという潔い設計と剛性の高い金属筐体のおかげか素直に音が響いてきます。またスピーカーの位置が絶妙で右手の片手持ちの場合、ちょうど手の平がスピーカーを覆う形になり、音が顔の方に反射します。音量を最大にしても音割れはないですし、十分大音量を発するのでYoutubeを見る際も重宝しています。
 またワンセグには対応していませんが、アナログラジオに対応しているのでイヤホンを指せば非常時に簡易ラジオとして使うことができます。唯一の純正アプリです。

■画面が大きくて見やすい

 購入する前は5.5インチは大きいと感じていました。実際使ってみると大きくて見やすくて、また液晶の発色も良く、nexus5には戻れなくなりました。電話専用端末としてなら4インチぐらいが丁度良いですが。

■薄くて剛性が高い

 アルミ削り出しの本体は剛性が非常に高いです。胸ポケットに入れていたら防弾チョッキの代わりになるんじゃないかと思うほど安心感があります。
 でかいのでポケットの大きさは結構選ぶのですが薄いので、入れば存在感は薄いです。
ぜひ後継機はデザインそのままにレーザーエッチングで型番を変えるぐらいで徹底的にコストを抑えた端末に仕上げ欲しいです。

■まとめ

 非常にシンプルで高性能な端末です。リネージュIIも今のところはフレーム落ち程度ぐらいで、プレイには支障がありません。
 LEDが赤か緑かの漢仕様は若干使いづらさを感じるものの、電話機を兼ねた情報検索端末としては非常に完成度の高い端末に仕上がっています。
 もしこれが社用端末だったら喜んで持ちあるきたいと感じます。
 べた褒めしていますがやはり最高設定で3Dゲームは辛いものがあるので、そのような用途を考えている場合は、ハイエンド端末を選んだ方が幸せになれると思います。以上VAIO PHONE Aのレビューでした。
 今回の記事が誰かの参考になれば幸いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC01892

■使用中にやたら熱くなる

 久しぶりに可愛くてしょうがないスマホを手に入れてホクホク顔のBobでございます。
いやーやっぱり良いですね。
ガラスマのようにゴテゴテせず、必要最小限の機能。
通信するためだけに生まれてきたといわんばかりの清々しい端末設計とクールなデザイン。
 このスマホと財布さえあれば人生何とかなるんです。ええ。
ただそんな愛すべきVAIO PHONE Aにも一つ難点がありました。
使用中に本体があっちっちになるんです。
本当に低温火傷するんじゃないかって程熱くなるんです。
最初は金属筐体がヒートシンクに代わりになってるんだと言い聞かせていたのですが、熱さ以上にどうにもバッテリー消費の速さに我慢できずに解決方法を調べまわっていました。

そして発見しましたよ。熱さとバッテリー消費を抑える設定方法が。
熱源はカメラ周辺。つまりCPUか電波送受信モジュール絡みだと予想していましたが、実際にそれ絡みの設定をいじくってみると見事に解決しました。

■WifiとBluetoothの位置情報スキャンをOffにすべし

 位置情報といえばGPSを思い浮かべる方が多いと思いますが、測位速度を上げるためにWifiとBluetoothを使用して、例えばビルの何階にいるかといったGPSでは測位できないような場所も特定することができます。
 それらの機能を常時働かないように設定してあげると異常なバッテリー消費と発熱が消えました。

<WifiとBluetoothの常時スキャンをOffにする方法>
「設定」を開く→スクロールして「位置情報」を開く。
Screenshot_20170820-204315Screenshot_20170820-204342

「位置情報」の右上に縦に並んでいる三つの点のボタンを押して、「スキャン」を押す。

Screenshot_20170820-204350Screenshot_20170820-204357

「Wi-Fiのスキャン」と「Bluetoothのスキャン」をOffにします。
Screenshot_20170820-204401

<番外編>
ちなみに私はVoLTEを利用していませんのでそちらの設定もOffにしています。参考までに。
「もっと見る」を押す。→「モバイルネットワーク」を押す。
Screenshot_20170820-204315Screenshot_20170820-204322

「4G LTE拡張モード」の設定をOffにする。

Screenshot_20170820-204328

■まとめ

 VAIO PHONE Aのみならず、スマホの異常発熱とバッテリー消費に困っている方は一度こちらの設定を試してみた下さい。劇的に変わるかもしれませんよ。
 私の場合はCPU温度が70℃ぐらいあったのが、安定して37℃付近をうろつくようになりました。
 またバッテリー温度も使用中は45℃を超えることもあったのですが、37℃付近で安定しています。
 ちなみに「Bluetoothのスキャン」まではOffにしなくてもいいかもしれません。
 というのもVAIO PHONE Aはほぼ最新のBluetooth4.2に対応していてエネルギー消費もそこまでない可能性があります。
 また最近「TAGCAST」といったIoT(全てのものがネットワークに繋がる思想)技術とビッグデータ(大量の細かで無作為な情報群)解析の活用基盤になるようなインフラが徐々に実現していっている最中で、スマホのWAN側高速無線通信とBluetoothのLAN側ローエネルギー通信がこれからの便利で面白いサービスの要になることが見込まれています。
 どうも私の場合の発熱とバッテリー消費はGoogleのサービスが原因のようで、Google nowやAIのGoogleアシスタントなどを普及させようとしている流れを考えると、これらの設定を変に触ると今後の技術革新の妨げになるように思えて仕方がないです。(といいつつ私はOffにしていますが・・・)
 ポケモンGO等も一部これらの機能を使っているみたいなので、とりあえずOnOffしてもらって自分なりの設定を見つけて頂けたらいいのかなと勝手に思っています。
以上、VAIO PHONE Aの異常発熱とバッテリー消費を直すレビューでした。
お困りの方の参考になれば幸いです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSC01869

■さすがVAIO、みなぎるプレミアム感

 皆さん、お久しぶりです。Bobでございます。
本当に暑いですね。皆さんはお元気にお過ごしでしょうか。
私は元気にやっておりますよ。
この暑さの中でハツラツとプレイする高校球児をしり目にVAIO PHONE Aをレビューします。
 今回紹介する商品はVAIO社のSIMフリースマートフォンです。

今回、SIMカード導入キット付きの商品がお安くなっていたのでこちらを買いました。
OCN契約は強制ではないので安心してご購入下さい。
もちろん今回、MVNOデビューの方はまさにおすすめの一品となるでしょう。
OCNは050通話(IP電話)を運営されているのでMVNO端末単体で通話したくて、安く維持したい方はOCNが最もお買い得で良いと思います。
加えて下記ガラスフィルムを購入しました。
透明度も高く、滑りもよく、汚れも付きにくくおすすめです。



さて本体のレビューに入っていきます。
今回のVAIO PHONE Aの目玉はもちろんアルミ削り出しの高級感溢れるボディ。
プレス加工ではないので、精度高く高剛性なボディに仕上がっています。
今まで使っていた端末が全てプラスチックだったので、軋み感が全くない、ひんやり薄型ボディに感動しています。
裏面のさりげないVAIOロゴがポイントです。
昔からワンランク上の高級ブランドのVAIOは今でも健在です。

■クールなコンセプトに共感

DSC01876
 
 世界からクールジャパンと呼ばれるようになって久しいですが、純日本設計のスマホのVAIO PHONE Aは例に漏れずクールな端末に仕上がっています。
 ピュアなAndroidのままのソフト設計、シンプルな筐体デザイン、内部設計。
 世界から評価されるジャパンのクールさは引き算にあります。
 そのクールさはこと効率を求めるビジネスの世界に受け入れられます。
 VAIP PHONE Aのコンセプトはビジネスシーンに最適化された端末なのです。
 あれやこれやとアプリを入れていたのは今は昔、現在では通話とインターネット、SNS等のコミュニケーションツールとして私は主にスマホを活用しています。
 その私には10万近いような端末は必要ないのです。
   VAIO PHONE Aはまさに必要十分な端末でした。

■安曇野Finishによる品質と信頼性

 精密電子デバイスの設計・開発・品質管理を行ってきたVAIO事業部門が、自信を持って監修を行った端末です。
DSC01871

 生産は中国に委託している部分はありますが、設計と最終品質チェックは日本のVAIOが行っています。落下試験や強度試験、電波状況の試験などしっかり行われているので安心して使えます。

■意外と高い性能と充実した通信オプション

 NFCやお財布ケータイ機能はついておりません。
指紋認証もついていませんし、モノラルスピーカーです。
 そして通知LEDも赤か緑の2色。漢仕様です。
 往年のピュアAndroidを体現した端末です。
 しかし、処理性能は妥協していません。
 Snapdragon 617はミドルハイの端末向けのSOCです。
 基本設計が2016年発売のVAIO PHONE Bizなので一世代古いCPUですが必要十分です。
 しっかり価格に反映されていますので文句はありません。
 また通信系のオプション対応状況も見逃せません。
 キャリアアグリゲーション(ようはMIMOみたいな思想)による高速通信、FOMAプラスエリア対応、VOLTE、複数SIMを同時に利用できる「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」に対応。
 通信の快適さとあらゆるニーズに対応できるポテンシャルを持っています。

■まとめ

 まとめです。
私は今回のVAIO PHONE Aを購入して満足しています。
薄くて剛性の高い筐体。クールなデザイン。
十分な処理性能。
かつてのSO-01Bのような懐かしさを感じるのは私だけでしょうか。
海外メーカーに先んじられて日本のスマホは風前の灯だったあの頃。
孤軍奮闘していたSO-01Bは今でも私の心に名機として残っています。
SO-01Bは不可能と思われたマルチタッチへの対応、度重なるアップデートなどXperiaブランドに対するユーザーの信頼を勝ち取りました。
現在も日本のスマホトップメーカーとして名を馳せています。
ぜひVAIO PHONE Aも末永く愛せる名機となって欲しいと願っています。
以上です。私のレビューが誰かのためになれば幸いです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ